×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ユーザー様のご感想をご承諾の上、抜粋して掲載しております。

MINI-Z BAR

TYPE-A

オートカットが効かず手動で充電をカット(充電器によっては注意が必要)
初期時はインテレクト新品と同等かそれ以上のパンチを感じた。
走行中の電池のタレはハッキリしないがパワー感が長く持続する。
走行時間は23分。(手持ちの新品インテレクトだとタレずに走行できたのは15分程度だった)

充電完了電流容量763mA・充電中電流1.61A
最初の5分程度はかなりのパンチ。
その後30分程度はほぼ継続してパンチが持続する。
走行時間は35分程度
。(手持ちのイン○○クトだと10分でパワー感がなくなり20分で放電)

TYPE-B

充電時後半で発熱して充電電流がやや上がった。
充電電流は1.6A〜1,7A
初期時8分程度は非常にパンチがある。
その後ややタレもあるが継続的なパンチがある。走行時間25分。

充電完了電流容量850mA。12分程度強いパンチ。
その後も特に大きなタレも感じずにパンチが持続した。
走行時間28分。

どちらのバッテリーも使い終わりは突然パワーがなくなりコースを周回するのがやっとでした。
全体的な感想はパワー感があり、タレが少ないことが特徴だと思います。
インテレクト同等のパワーをもちながらパンチの持続時間が長いというのは魅力です。
まだ数回しか充放電していませんがこの性能がどの程度続くかどうかが気になります。
ただ
TYPE-Bは暴力的なパワーが欲しい方には良いかと思いました。
正直、TYPE-AとTYPE-Bには体感できるほどの差はないだろうと思っていましたが、
確かにHPの謳い文句のような差を感じることができました。
 

兵庫県神戸市内ユーザーA様

TYPE-B

1回目の充電は1.77Aで大丈夫でしたが2回目の充電は少し心配になりましたので
少し電流を落として
1.65Aで行いましたら「液もれ」が発生しました。

-後日-

先ほどテスト終了しました。昼の12時から20時までテストを繰り返してきました!
私は850mAhと1000mAhの2種類しか愛用しておりませんでしたが
「スパークTYPE-B」は700mAhですよね?容量が少ないかなと思っておりましたが、
スパークタイプBは「
容量など全く関係ない」と言う感じですね!
凄くパンチ力があり満足させて頂きました!
スパークタイプBはこれから私が愛用するメインのバッテリーにさせて頂きたいと思います。
また「スパークタイプB」の
充電電流は1.2Aで充分だとエキスパートの方が言っておられました!
今回は液漏れもなく繰り返しテストをしてもパンチ力があり本当にお気に入りのバッテリーになりそうです。
というかなってしまいました!使用時間もかなり長く、なかなかタレてくれませんでした!
結局今日は、いままで愛用していたバッテリーは一度も出番がありませんでした!
 

大阪府松原市内2.G.K.S

最近私が好んで使ってる電池、レクセルのスパークです。
確かにスロットルを入れた瞬間の
パンチはBの方があります
実際、テスト一発目ではBの独特のトルクの太さに「おっ、こっちの方がパワーあるやん」て感じました・・が、
Aをサーキット数周走行させた時点でその考えは吹っ飛びました。

私の中の理想のレース用電池はストレートではパワーありまくり、
インフィールドでは扱い易い程度のパワー、そんなのがあれば欲しい!と思ってました。
しかし
実際はインフィールドが始めから使い易い温めのパワーではストレートもあまり伸びないのが常識です。
しかしこのタイプAは正にストレートは十分な加速と伸び、
インフィールドは抜群に走りやすい、そんな特性だったのです(^^)
ちなみにラップ計測機のあるサーキットでテストすると直ぐに数字にでます。
他社の強烈パワー電池をさしおいてベストラップを更新しまくり、
スロットルを入れた時の控えめなトルク感からは予想しにくかった為
テストした当時仲間内ではちょっとした事件になりました。
この時タイプBもベストラップはAと殆ど同じが僅かに速い位。
しかしタイプAは更に・・
全然タレないんですょね(汗)
レースにおいてパワー特性及びタレないのはかなりのアドバンテージになります。
しかもタレない度数がビックリで
10分フルに走ってもまだベストラップ狙えますみたいな・・。
スタートからゴールまでパワー特性が変化しない事がレースでどれ程のプラスになるかは
ミニッツでのレース経験が豊富な人にはすぐに理解して貰えると思います。
つまり正に私にとっては『レース専用特性?』な電池なんです
て言うか逆にこの電池の出現でラップタイムを縮める為に必要な要素を再認識させられました(-_-;
しか残念なのは製品版には試した感じ性能にバラツキがある模様、結局いっぱい買ってイケテる奴だけ選抜してレースに使ってます、まぁ選考から外れた2軍でも全然速いんですが…。
 

兵庫県S・N様

タイプB使用で充電は1.4A

仕上がり温度はいい感じの温度。790程入りました。
慎重に慣らしをしたあとマッチドして使用しました。シャーシはMMでボディは内緒ですぅ。

 感想は・・・速い!というかパンチ有りすぎ・・・プッシングアンダーがでる様な感じでした。
で、急遽セッティング変更しコースイン!
5ラップ目あたりにホームコースにてコースレコードを樹立しました!
実は個人的にはタイプAの方が好きというか・・・

レースでは予選→タイプA

      決勝→タイプB

 と使い分けています。長時間闘うにはタイプAがオススメです。

もう他のメーカーには戻れませんね・・・

青森県八戸市内ユーザーK様

TYPE-B

今日テスト走行をしてきました。
充電電流値は指定通りの
1.2Aです。
レコブレコンペで700〜750mAh位充電できました。
仕上がり温度は50℃です。
ちょっと温度が高かったと思いますので、次回は下げてみようと思います。

早速実走行をしてみました。
感想は・・・「速い」です。停止状態からの加速、コーナー出口からの加速、
ストレートの伸びともに、私が今まで使用していたバッテリーより格段によかったです。
ユーザーの皆さんが言うように
強烈なパンチは8分ぐらいは続いたと思います。
これはレースでかなりのアドバンテージになりますね!!

私のマシンを見ていた仲間から、なぜ速いのかと質問されてバッテリーを説明しました。
そうしたら「私にも注文してくれ!!」と言われました。
みんなでハイスピードバトルを楽しもうと思います。

ということで、追加注文をお願い致します。
 

京都府京都市内ユーザーH

早速土曜日、月曜日の走行に使用してきました。
簡単にインプレを!
特別レースとかは参戦してませんが、バトル・フリー走行でも気持ちよく走りたいものです。
2.G.k.Sさんのコメントをみて同感だ〜と思い即発注。
使用車はミニッツAWD・NSX搭載車
まず1A、0.5Vカットにて放電。
つづいて1A充電も考えましたが、いつもどおり4ステップチャージ(Yokomo YZproにて)に挑戦。
0〜200mAh 0・7A
200〜300mAh 1・4A
300〜700mAh 1.1A
600〜900mAh 0・9A   完了充電容量 796〜803mAh 
 ピークバッテリー温度 30〜33℃ 走行時間15〜20分
この充電だと少しパンチが足りないようでしたので
200〜400mAh 1.4A
400〜600mAh 1・2A に変更
充電容量は750mAhぐらいに減りましたが、
充電初期の安定感(快適なパンチ)・インフィールドの扱いやすさ・ストレートの伸びは
自分に最適なバッテリーになりました。またType-Bも試したくなりました。
今後も購入考えてますのでそのときはよろしくお願いします。
 

戻る